まとめられていく娯楽

インターネットやテレビなど、現代の情報網は非常に発達しています。
しかし誰でも気軽にあらゆる情報を瞬時に手にすることができるということは、誰もが同じ情報を持っているともいえます。
また、情報を発信する側としては、大々的にインターネットやテレビなどのメディアを用いることで、一度に大量の情報を大衆に発信することができます。
つまりは映画や音楽などの娯楽が広く普及する一方で、メディアの露出の多い一部のものがより目立ち、それを受け取る側の大衆の娯楽が画一されてしまうことにもなってしまいます。

メディアがさほど発達していなかった時代は、各地域ごと、もしくは年代ごとにそれぞれの娯楽が異なり、多様化されていました。
現代では娯楽は多様化されているかもしれませんが、結果的に地域ごとの多様性は消えつつあります。
ましてやグローバル化が進んでいる現在では、地域ごとの特色ではなく、国ごとの特色へと変化しつつあります。
そして受け手はよりメディアで目立っている一部のものばかりを受け取り、結果的に画一化がより進んでしまっているのです。